会社概要
txt1.png company_img1.png
親和は元気、親和は笑顔、親和は緑の風
笑顔あふれる、元気な地域づくり
絵顔があふれ、地域も元気
社会貢献できる人づくり
地域に、社員に、社会に、目配り・気配り・心配り
  • 会社名特定農業法人 有限会社 親和
  • 所在地滋賀県米原市世継1167番地
              TEL/FAX : 0749-52-3982
  • 資本金9,800,000円
  • 代表取締役北村 進一
  • 従業員10名
  • パート10名
アクセス
  • company_img2.pngのサムネール画像
  • car.png米原駅より車で8分
  • car.png米原インターより車で8分
  • car.png彦根市より車で8分
  • car.png長浜市より車で8分
  • bus.pngJR北陸線坂田駅より徒歩18分


お仕事の内容
txt2.png
  • 農産物の生産・加工・販売
  • 取扱商品:米、野菜、水稲苗、野菜苗、漬物、味噌、もち米
  • 販売方法:直売、委託販売
  • 販売先:一般のお客様、委託業者、市場、JA、直売所
  • 農産物・加工食品の宅配
  • 取扱商品:牛乳、乳酸飲料、米、野菜、漬物、味噌、もち米
  • 販売方法:宅配、卸販売
  • 販売先:一般のお客様、委託業者
  • company_img3.png水稲530反安心安全、環境にやさしいお米作りを心がけています。14集落180戸の農地をお預かりしています。
  • company_img4.png野菜100反露地・ハウス野菜は、道の駅へ出荷しています。キャベツは委託を受け生産し販売しています。
  • company_img5.png麦300反集落に面積配分される米以外の作付け(主に麦)を、平成19年から全面受託することになりました。
  • company_img6.png水稲育苗1,9000箱主にコシヒカリ、キヌヒカリ、日本晴、羽二重もちの苗の生産販売を行っています。
  • company_img7.png大豆160反昨年は黒豆も生産、天候に恵まれ豊作。年末に地主様に頂いてもらう。
  • company_img8.png乾燥調整受託5,600俵農家が丹精込めて作られたお米を、乾燥調整させていただいています。
  • 主な農機具


  • 主な施設
  • トラクター75ps
  • コンバイン6条98ps
  • 田植機8条×2
  • 農舎480m2
  • トラクター55ps
  • コンバイン6条80ps
  • 乾燥機80石×2
  • 農機庫240m2
  • トラクター46ps×2
  • コンバイン4条48ps
  • 乾燥機70石
  • 農機庫421m2
  • トラクター43ps
  • 汎用コンバイン
  • 乾燥機50石
  • 資材庫280m2
  • トラクター25ps

  • 乾燥機46石
  • 堆肥場200m2
  • トラクター85ps

  • 乾燥機32石
  • 堆肥舎180m2
  • トラクター17ps

  • 乾燥機24石
  • ビニールハウス12棟3450m2


  • 乾燥機34石



  • 乾燥機52石

  • 親和は、地域農業の担い手です(農用地の利用、活用、保全)
  • 地域の耕作農家への営農支援...農作業の受託業務(農作業全般)
  • 地域の地主農家への耕作請負...農用地の利用権設定
  • 地域の皆様への職場の提供...高齢者の生きがいづくり(共存共栄)
  • 地域の皆様への貸し農園...地域の皆様の生きがいづくり(レクレイション農業)
  • 宅配軒数...300軒 宅配業務委託...23地域
  • 地域の皆様...農用地の環境保全(草刈等)
  • 行政関係機関...集落区・農相 市役所 県 国
  • 農業関連企業...JA 農機販売店 農資材販売店 メーカー
親和の歴史
20年位前に圃場整備が完了し、大型機械による水田耕作が可能となりましたが、一方で家業としての農業を営む若者が減少し、当時養豚経営をおこなっていた私のところにも、水田耕作依頼が舞い込むようになりました。
農業経営の所得確保のため、自作地に加え経営面積を少しずつ増やしてきましたが、近年、地域で農業を営む方々の高齢化が進み、耕作依頼が急速に増加してきました。頼まれれば、断ることなく耕作依頼を受けてきた結果、個人農家の労働力では対応できなくなり、高校生のバイトに農作業を頼るようになりました。最初は2人の高校生でしたが、やがて彼達のクラスメイトちゃ友達、彼女達も集まり高校3年生になったときには、30名以上のバイト集団となり実に多くの若者達と出会い、にぎやかで活気のある農場となりました。大学生になっても続き、春の水稲苗作りから、配達、田植え、夏の草取り、秋の収穫、乾燥調整、米配達、水稲苗の注文は増え何棟も育苗ハウスを共に建て、耕作依頼も増加の一途をたどりました。
素直で、明るく、元気に働く若者達との付き合いは、農業を営み続ける私の人生に新たな希望と夢を与えてくれました。
大学卒業を控えたある日、1人の若者が「会社組織にしないのですか?」と尋ねてきました。今まで会社組織など考えたことはありませんでしたが、「このような若者達と一緒に、愉快に明るく農業を行う会社を興そう」との熱い思いが沸き立ち、彼達が大学卒業間際の平成14年2月18日(私の誕生日)に法人組織としました。あれこれ社名を考える中、父親が40歳の頃、集落の若者達と新しい農業を目指し結成した農業生産組織、親和生産組合(28年前に発展的解消)は、当時でも集落の方々に「しんわさん」と親しく呼んで頂いていました。父の想いを受け継ぐ意もこめて、また日本の米づくりを生業とする会社として、和名にもこだわり有限会社 親和としました。
20131106-1.jpg
昭和36年 親和生産組合設立
集落の有志と任意生産組合を設 立。酪農・養豚・耕種部門により若者らと共に新しい農業にチャレンジ。
昭和41年 優良指定種豚場
昭和47年 全国種豚共進会出展
昭和51年 農林大臣賞受賞(豚枝肉)
昭和56年 県豚枝肉共進会優等賞
昭和57年 親和生産組合解散
時代の変革、個々の事情により組合を発展的解消
平成14年 有限会社親和設立
農業を基盤とした経営の今後のあり方として法人化する。業務内容は農業(水稲、麦大豆、作業受託、養豚)牛乳宅配卸販売
平成16年 養豚一時中断
平成18年 ・居宅介護支援事業所開設
・特定農業法人として市より認定を受ける(集落地権者の合意形成により集落担い手となる)
平成19年 露地・施設での野菜生産へ業務拡大
平成22年 居宅介護支援事業所 閉鎖(一時)
平成25年 第51回優秀農家表彰(京都新聞滋賀本社主催)で近畿農政局長賞を受賞
foot-.pricepng.png